なんかピントが合いづらいな…20代にスマホ老眼が多い理由

1
photo by  p♥lkad♥ts

スマホ老眼とは?

スマホ老眼とはスマートフォンが原因となっている老眼のこと。老眼と言えば、40代程度で増えてくる病気ですが、スマホ老眼はスマホを使っているなら年齢はまったく関係なく起こる可能性があります。実際、20代や30代の世代でも多くの人に見られる事が特徴です。

スマホ老眼は、小さな画面を至近距離で長時間見続けるてしまう事が原因。ピント調節機能が利かなくなってしまい、「焦点が合わないな」とか「見にくいな、ぼやけるな」と感じます。特に「近くは見えてたのに、急に遠くが見えなくなった」という状態なら、スマホ老眼の可能性大!です。

スマホ老眼を放置するのは危険!

スマホ老眼は、ほとんどは一時的なものですが、何度も繰り返すうちに重症化する場合があります。また、ピント調節機能の筋肉が衰える事でレンズの役割をする水晶体の柔軟性がなくなるので、通常の老眼よりも早く症状が進行してしまいます。

さらには、スマホ老眼のような「若年性老眼」が起こると、同時に白内障も併発しやすくなるという例も。「一時的なものだから…」とう放置しない事がポイントです。

2

スマホ老眼は解消できる

スマホ老眼を解消する究極の方法は、スマホの画面を見ない事。…ただ、この方法は「スマホ社会」の今、かなり困難な道です。そんな、非現実的な手段を選ばなくても、具体的に自分で解消する方法があります。

その1.目のストレッチをする

スマホ老眼の大きな要因は、ピントを合わせる筋肉を動かさず、筋肉が衰えてしまっている事。そんな筋肉をほぐしたり、鍛えるためには「目のストレッチ」が有効です。

  • 鉛筆や指を立てて見つめます。1秒で近づけて3秒で遠ざける事を3セット、1日2回繰り返します。
  • 同様に鉛筆や指を立てて見つめます。3秒見つめた後、なるべく遠くを3秒見つめる事を3セット、1日2回繰り返します。

他にも、目をぐるぐると回したり、左右や上下をジグザグに見つめる運動を繰り返すだけでも、ストレッチになるようです。

その2.目に必要な栄養を意識する

目に有効とされる栄養は次のようなものがあります。

ルテイン

別名「天然のサングラス」とも言われる成分。紫外線やパソコンやスマホからでるブルーライトは、目へのダメージの強い光ですが、目の水晶体に存在するルテインが、フィルターの役割を果たしてくれます。ルテインは、緑黄色野菜に豊富です。

アントシアニン

アントシアニンはベリー系の植物に大量に含まれる成分。人の身体のメラニンのような役割があり、光から細胞を守っています。またルテインは「くっきり物を見る」に必要な、網膜内のロドプシンの働きを助ける働きがあり、物を見る効果を高めてくれるとされています。

DHA

脳内や網膜に大量に存在する成分。「ものを柔らかくする」という性質があり、脳神経に柔軟性を持たせる事で記憶力の向上が期待できたり、目の柔軟性を保つ事でピントを合わせやすくする働きがあるとされます。魚油に由来する栄養素ですが「魚不足」と言われる今、ほとんどの人に不足している成分のため、厚生省も摂取を推奨している栄養です。

ピント調整力のサポートに

FANCL ヘルスサイエンス
3

「えんきん」の特徴
  • 消費者庁が認める日本初の機能性食品
  • 臨床試験で4週間でピント調整力が改善
  • お試し1000円でとりあえず試せる

iPhoneの画面を見た後、遠くやテレビを見た時にぼやけて見えるならピント調整力が落ちてる可能性が高いです。「えんきん」は、ピント調整力をサポートする栄養素が1つに集約されたサプリ。サプリだから、手軽に始める事ができます。

「えんきん」公式サイト

その3.スマホの画面で調節

iPhone側で行う事ができる操作は2つです。

文字を大きくする

iPhoneの小さな画面で小さな文字を見続ける事は、スマホ老眼の要因になります。文字サイズを大きく表示する事で、目への負担を少し軽減させる事ができます。

画面の刺激を減らす

iPhoneの画面から出るブルーライトは、目への刺激が強い光です。ブルーライトをカットしたり低減するためには、画面の明るさを暗くする方法か、ブルーライトをカットする専用フィルムを貼る等の方法があります。

▶関連:iPhoneの明るさを暗くする方法・固定化する方法
▶関連:iPhoneの液晶傷をガード!おすすめの保護フィルム4選

その4.目の休息を意識する

仕事でパソコン等のデスクワークをしている人は、意識的に「目の休息時間」を意識するようにします。仕事中もパソコンの画面を見続け、休憩中もSNSやアプリでゲームをする等で画面を見続けていては、一時も目が休まる時間がありません

パソコンやスマホは、生活の中での必需品とも言えますが、その分、スマホ老眼はかなり身近な病気となっています。欠かせないものだからこそ、進んで目を休める事が必要も出てきていると言えます。

 

サブコンテンツ