iPhoneの月額料金を約「5000円 」節約する方法

 
もし現在、iPhoneの月額料金が毎月1万円ぐらいになっているなら、少し努力するだけで約半分の支払いにする事ができます

今見ている、iPhoneの中にある「SIMカード」を見直しててみて下さい。

 

SIMカードとは?

1

「SIMカード」とは、このようなもの↑ 通話や通信のできるiPhoneには必ず入っていて、携帯会社で契約したタイミングで、その店舗内で入れられるのが一般的です。

SIMカードの役割はLTEや3G等の回線を使えるようにすること。SIMカードが差さっていないと、モバイル回線を使う事ができず通信や通話もできません。

photo by Simon Yeo

大手3社のSIMはとっても高い!

iPhoneの契約は、docomo・SoftBank・auの大手3社のキャリアの中から選んでいる方がほとんどです。これらのキャリアで契約すると、はじめからSIMカードが入った状態で渡されます。

特に違和感もなく、普通に「月額1万円程度の支払い」をしているはず。ですが、実はこのキャリア由来のSIMを使うとかなり高額になっています。

そこで「総務省」の方針もあり、「スマホユーザーは高額な支払いをするしかない」とならないように、新たなサービスが生まれてきています。それが「格安SIM」と呼ばれるサービスです。

 

キャリアSIMと格安SIMの価格は劇的に違う

「格安SIM」はDMM・OCN・BIGLOBE等の有名企業が行っているサービス。docomo等の携帯キャリアから回線だけ間借りして、他の携帯キャリアよりも安い月額料金で提供しています。

2

最も容量の少ないプラン(2GB)でも、これぐらいの差が出ますので、いま使っているプランが7GB や10GBとなるともっとお得に。「通話はほどんどしない」となれば、さらに安くする事も可能です。

実際に大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合には、その他の費用もかかります

主な費用としては、今のキャリアを解除する「契約解除手数料:約¥10,000」。番号を引き継ぐための「MNP手数料:約¥2,000」。そして格安SIMに登録する「初期費用:約¥3,000」の3つの費用です。

これら3つを合計すると乗り換えまでに¥15,000程の費用がかかりますが、毎月支払っていた携帯代金の節約分を踏まえると3〜4ヶ月で元が取れる計算です。

 

iPhoneで使えるおすすめ格安SIM

現在、格安SIMを提供しているメーカーは全部で30社以上にもなります。

これら格安SIMの中で、実測速度の数値・値段・特典やオプション等を比較。iPhoneの機種に対応している、おすすめの格安SIMをまとめました。

DMM mobile

株式会社DMM.com
2

だからおすすめ!
  • 業界最安値の値段帯
  • 回線速度も安定している
  • データ通信SIM:月額¥440〜 / 通話SIM:月額¥1,140〜

DMM mobileは、1〜10GBの7プランがあり、利用状況に合わせて選びやすい事が特徴。また、7プラン全てが業界最安値という良心価格設定です。

実際の繋がりやすさ(実測値)も高評価で、安さと使いやすさを兼ね備えている、理想的な格安SIMと言えます

詳しく見る
 

DMM mobileを見る
 

楽天モバイル

楽天株式会社
1

ここがおすすめ!
  • 余ったデータ通信を翌月に持ち越し可能
  • 月々の支払い100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まる。
  • データ通信SIM:月額¥525〜 / 通話SIM:月額¥1,250〜

大手ネットショップの楽天が販売するSIMです。全部で4つのプランから選ぶ事ができます。

月額料金の初月無料サービスや、データ通信量の翌月持ち越しサービス。楽天ポイントが貯まる事など、ネットショップならではの充実のサービスが特徴です。

詳しく見る
 

楽天モバイルを見る
 

U-mobile

株式会社U-NEXT
3

ここがおすすめ!
  • LTEの使い放題プランがある
  • 容量を気にせず使う事ができる
  • データ通信SIM:月額¥2,480〜 / 通話SIM:月額¥2,980〜

格安SIMの中では珍しく、「使い放題」のプラン設定がある事が特徴です。Apple Musicなどのストリーミングサービスを良く利用する人におすすめ。

実他の格安SIMと比べると少し高めですが、大手3社を利用していた頃と同じ感覚で、料金を安く抑えたい時にも選択肢に入ります。

詳しく見る
 

U-mobileを見る
 

BIGLOBE SIM

ビッグローブ株式会社
4

だからおすすめ!
  • 12GBプランを複数端末でシェア可能
  • 全国のBIGLOBE Wi-Fiが無料
  • データ通信SIM:月額¥900〜 / 通話SIM:月額¥1,400〜

「シェアSIM」という形で、6GBプランなら2枚、12GBプランなら最大4枚のSIMをシェアできます。

例えば、機種変等を繰り返して複数のiPhoneが余っている時などに便利。使っていないiPhoneにSIMを差せば、すぐにまた利用する事が可能です。

1プランで複数台使う事ができるので、1個の契約で複数のiPhoneを家族でシェアするような使い方ができます。

詳しく見る
 

BIGLOBE SIMを見る
 

 

「格安SIM」メリットデメリット

お得な「格安SIM」ですが、キャリアSIMと比較した時に、それぞれメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 月額料金が大幅に安くなる。
  • 2年縛り&自動更新がなく安心。
  • 繋がるエリアはキャリアと同じ。
  • 番号の引き継ぎ(MNP)ができる。

デメリット

  • かけ放題がないため通話料は割高。
  • 実店舗がほとんどないので、サポートは電話orメール。
  • キャリア由来のメールアドレスは使えなくなる(LINE等は利用可)

 

「格安SIM」選びで、失敗しない方法

その方法は、次の2つです。

  • 月額料金が安いSIMを選ぶ
  • 回線速度の早いSIMを選ぶ

月額料金は大手キャリアと比べると、どこの格安SIMを選んでも安く感じます。ですが、同じ格安SIM同士で比較してみると、値段帯にかなり差があるという事に気づきます。せっかくの格安SIMですので、よりお得な値段で選ぶようにします。

また、値段以上に注意するポイントは「通信速度は確保されているか?」という事。通信速度の理論値ではなくて、実際の通信速度である実測値が良いSIMを選ぶようにます。

 

格安SIMでよくある質問(FAQ)

「格安SIM」でよくある質問をまとめました。

Q.どんな流れで変更すれば良い?

大手キャリアから、電話番号を引き継いで格安SIMに変更する流れは次のとおりです。

  1. 変更前のキャリアの実店舗に行き「MNP予約番号」を発行。
  2. 変更したい格安SIMのサイトから申込み。
  3. 届いたSIMカードをiPhoneに差し込む。
  4. iPhoneで簡単に設定をして利用開始。

Q.自分のiPhoneが使えるかどうか分からない

ほとんどの場合、使用可能なiPhoneは「SIMフリー版のiPhone」か「docomo端末のiPhone」です。SIMフリーiPhoneは、Apple Storeや中古ショップで直接購入できるiPhone。「SIM設定を自分でする」事が前提となっているため、元々自分でSIMを取り寄せる必要があります。

「docomo端末のiPhone」が使える理由は、格安SIMの業者のほとんどがドコモ回線を利用しているため。今のiPhoneのSIMを差し替えるだけで、すぐに使える事ができます。SoftBankとauのiPhoneについては、格安SIM独自のキャリアアップデートなどを利用して使える場合があります。詳しくは、各格安SIM業者サイトより「対応端末状況」を確認してみて下さい。

Q.何GBを選べば良いか分からない

格安SIMは、各キャリアによって月額に使用できる容量が決まっていて、複数のプランが用意されています。

実際に何GB必要なのか?は、現在の端末の利用状況から判断するのが1番分かりやすい方法です。今、月にどれぐらい使っているのかを把握して、格安SIMで選ぶプランの参考にしましょう。データ容量の確認方法については、以下の記事も参考にしてみて下さい。

▶関連:格安SIMは何GBにする?データ通信量確認方法

Q.「SMS機能付き」とは?

結論から先に言うと、iPhoneで格安SIMを利用する場合には「SMS機能付き」にしておくべきです。その理由は、LINEやクラウドサービスの認証にSMSを利用する事と、SMSを外す事で電波が悪くなる場合があるためです。

▶関連:iPhoneで格安SIMを使う時、SMS機能付きは必要?

おすすめの格安SIMへ戻る

サブコンテンツ